都築寛史が代表取締役社長であるリンクスは強い味方|顧客第一主義

Menu

男性のための脱毛サロン

男性

1人1人に合ったサービス

リンクスは、都築寛史が、代表取締役社長として2008年に創業された、男性専門脱毛サロンです。リンクスは、代表取締役社長の都築寛史が、メンズ脱毛をもっと身近にすることを、コンセプトにして創業されました。現在、都築寛史は、代表取締役社長を退いていますが、このコンセプトは、引き継がれており、メンズ脱毛が身近な存在になれるように、全国に店舗を展開しています。リンクスでは、メーカーと提携して開発した、機能性と安全性の高い、オリジナル男性専門脱毛機、「イノベーション」を使用しています。日本人男性の毛に特化させることで、太く濃い毛を脱毛することに、高い効果を、発揮することが出来ます。そのため、剛毛のヒゲから、軟毛のヒゲまで、すべての毛質のヒゲに対して、対応しており、従来の脱毛機よりも、結果を出すことが出来ます。そして、高い安全性を、肌の負担が少なく実現しているため、肌が強くない人も安心して、脱毛を行うことが出来ます。リンクスは、お客様満足を大事にしています。それは、代表取締役社長であった都築寛史が、お客さんあってのサロンと言う気持ちで、お客様に喜んでもらえるようにサロンを運営してきたからです。リンクスでは、毛質や、肌質に合わせて設定行います。それによって、お客様1人1人に最適なサービスを、提供しています。また、メーカーと共同開発をしているため、コストパフォーマンスが向上しており、価格を抑えたサービスを、提供しています。