都築寛史が代表取締役社長であるリンクスは強い味方|顧客第一主義

Menu

優良な脱毛サロンを捜す

メンズ

経営トップの姿勢をみる

現在では、女性のみならず、男性向けの脱毛サロンも数を増しています。男性の美意識も年々強くなり、メンズ脱毛サロンは社会に不可欠な存在になりつつあります。ただ、気軽に脱毛サロンを利用できるようになった一方で、施術に関するトラブルも増えています。トラブルを回避するためには、優良なサロンを選択することです。それでは、確実なお店、良心的なお店を捜すには、どのようにしたら良いでしょうか。そのためには、経営トップの姿勢を見ることも大切です。評判の良いメンズ脱毛サロンとして、リンクスというチェーン店があります。都築寛史氏が代表取締役社長を務めるサロンです。代表取締役社長の都築寛史氏の経営方針を知れば、リンクスが如何に優れた脱毛サロンであるかが伺えます。リンクスの今日の繁栄は、都築寛史氏が代表取締役社長であったからこそ築けた賜物と言えます。リンクスが優良なサロンと言われる背景には、顧客満足度を追求する企業姿勢が見え隠れします。そして、顧客満足を追求すると同時に、従業員満足も高める活動を行っているのです。脱毛サロン、リンクスが高評価を得ているのは、当に経営陣のトップダウンが遂行されているためです。代表取締役社長である都築寛史氏は、鬼の経営者というイメージはなく、温和な紳士という印象です。彼の人柄が、確かな人脈を作り、利用者に寄り添うことができるお店を作ったと言っても過言ではありません。企業の本質を知るには、経営者の顔を見ることも必要なのです。メンズ脱毛サロンの場合も同じです。