都築寛史が代表取締役社長であるリンクスは強い味方|顧客第一主義

Menu

メンズ脱毛の先駆者

困る男性

魅力と人気の理由

リンクスの代表取締役社長である都築寛史は、メンズ脱毛の生みの親であるといわれています。脱毛といえば女性がするもの、というイメージがあった時代に、リンクスというメンズ脱毛専門サロンを立ち上げたのは大きな功績です。しかもその当時都築寛史は若干21歳だったというのですから驚くべき才能だといえるでしょう。代表取締役社長となったあとも、都築寛史氏は精力的に活動し、リンクスの支店を増やしメニューやサービスの充実につとめています。代表取締役社長となってからもその勢いは衰えることなく、リンクスはいまだメンズ脱毛の先駆的サロンとして全国的に人気をはくしています。代表取締役社長都築寛史氏はいかにして男性が気持ちよく脱毛をしてもらえるかを考えて行動しており、その考えがサロンの姿勢やサービスにもあらわれています。スタッフは基本的に男性のみで、男性が気兼ねなく相談できる環境であること、施術も男性が行ってくれるので、男性特有の悩みにも対応でき、より行き届いたサービスが提供できること、ヒゲなどの男性特有の悩みにアプローチしたサービスが多く展開されリーズナブルな価格であることなどが魅力と人気の理由です。リンクスは全国にサロンがあるため、通いやすいのも魅力です。特に関東圏は非常に支店が多く、自宅近くや職場の近くなど都合のよいところで施術が受けられます。地方への出店数も増えており、アクセスはよくなっています。そのためますます多くの顧客が脱毛にトライできるようになっているのです。