都築寛史が代表取締役社長であるリンクスは強い味方|顧客第一主義

Menu

品質マネジメントシステム

男性

経営トップを見る

現在、メンズ脱毛サロンの数が増え、選択肢も増えてきました。しかし、選択肢が増えることで、その優劣を判断することは難しくなっています。料金や口コミ、ネットのランキングサイトなど、判断材料はけっこうあります。その中にあって、最も重要と言えるのは、お店の品質マネジメントシステムがしっかりしているかどうかです。経営者の方針は、店の接客態度やサービスの高さにも表れます。経営トップの姿勢を見ることも、お店の良い判断材料となり得ます。その一例として、都築寛史氏が代表取締役社長を務めるメンズ脱毛サロン、リンクスのことを述べていきましょう。リンクスは、今でこそ押しも押されもしない、メンズ脱毛のチェーン店ですが、創立から10年ほどのお店です。なぜリンクスがここまで成長できたのか、それは、偏に代表取締役社長の都築寛史氏の経営方針にあります。代表取締役社長だけの尽力でそれほどまで店を成長させることができるのかと、疑問に思う人も多いことでしょう。しかし、都築寛史氏が代表取締役社長であったからこそ、リンクスは成長できたのです。都築寛史氏は、品質マネジメントのトップダウンに力を入れていました。顧客満足だけに終始せず、従業員満足を充実させることにも重きを置いてきました。その経営方針が、レベルの高いメンズ脱毛サロンを実現させたのです。企業の資質を推し測る際には、経営上層部を見ると良いと言われていますが、メンズ脱毛サロンについても、同様のことが伺えます。